未分類

知らないと早く劣化する?MacBookを充電する時に注意すること

「最近バッテリーの持ちが悪くて大変!」というあなた。もしかするとが劣化が始まっているのかもしれませんよ?

MacBookのバッテリーは、本来の容量の80%を維持するように設計されています。ただし誤った充電を続けていけば、劣化はより顕著に進んでいきます。大切なMacBookの寿命を縮めないためにも、充電について知っておきたいですね。

この記事ではバッテリーの劣化を防止する、充電Tipsをご紹介します。

充放電回数の上限

MacBookには、充放電の回数に上限が設定されています。この上限を超えたMacBookは劣化しており、本来のパフォーマンスを発揮できないのでオススメできません。

MacBook 2010 以降の上限値
MacBook最大充放電回数
MacBook (Retina, 12-inch, 2017)1000
MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)
MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015)
MacBook (13-inch, Mid 2010)

なかなか1000回に達するまで使用するのは時間がかかります(汗)上限に達する前に買い換えてしまうのでは?と思ってしまうほど、長く持つ印象ですね!

これから中古のMacBookの購入を検討している方は、外観のダメージ具体だけでなく充放電回数にも注意した方がいいですよ

充放電回数をチェックしてみよう

  1. 「option」キーを押しつつ Apple () メニューをクリックし「システム情報」を選択する
  2. 「ハードウェア」の「電源」を選択する

MacBookでは、定期的にバッテリーのヘルスチェックが行われています。充放電回数と合わせてバッテリーの正常性も確認することができますので、試してみてください。

充電時に注意したい周囲の温度

16℃〜22℃が動作上の適温と定められています。その他の温度でも動作することは可能ですが、35℃を超えるとバッテリー容量に回復不可能なダメージを与える可能性が高いので注意してください。

Illustration by apple

特に充電時の発熱が周囲の高温と重なると、冷却できずバッテリーが損傷します。アクセサリでMacBookを覆うようなカバーを取り付けている場合は、より危険ですね。

アクセサリは見た目だけでなく、機能面にも注意して選定していきましょう。

私が購入したMacbookのアクセサリを紹介するよ美しいアルミボディが魅力的なMacBookですが、使い続けることによりキーボードやRetinaディスプレイ、パームレストは必ず汚れます。対策必須ですよ! MacBookを綺麗に使い続けるために私が購入したアクセサリをご紹介します。MacBookの美しさを保つために役立ててください。...

 

しばらく保管する場合に守りたい充電量

長期保管する場合、保管する場所の温度と保管前の充電量が重要です。Apple社からは次のガイドラインが案内されています。

  • バッテリーの残量を50%にして、電源を切る
  • 湿気のない、32°C以下の涼しい環境で保管する
  • 6か月以上デバイスを保管する予定の場合は、6か月ごとに50%まで充電する

フル充電や完全に使い切った状態で保管するとバッテリーに悪影響を与え、バッテリー容量が縮小する可能性があります。大切なMacBookのためにもバッテリー残量のマネジメントはマメに行うことをオススメします!