未分類

Office 365 Soloを無料で試して解約してみよう!

Excel,Wordを無料で試す方法を調べていくと「Office 365 Solo」に行き着きますよね。

聞き慣れない上にWebからソフトウェアをダウンロードする手法なので戸惑う方は多いはず。今までメディアからOfficeをインストールしていた私も本当に大丈夫な製品か不安でした。

実際に検証することで安全性や正常に動作することが確認できたので、導入方法からお金がかからないように解約するところまでを紹介します!

お試しでExcelやWordを使ってみたいけど、そのために製品版を購入するのはちょっと…。という方はぜひ参考にしていただけると幸いです。

Office 365を無料で試す

Microsoftアカウントを作成して、Office 365 Soloをインストールしていきましょう。アカウント作成の中で支払い方法を設定する必要がありますが、お金がかからないように設定するのでご安心ください。

アカウントを作成する

まずは、リンク先の「1か月間、無料で試す」からスタート。

https://products.office.com/ja-jp/try

メールアドレスや電話番号、Skype情報のいづれかを入力してアカウントの作成を行いましょう。特に難しい作業はなく、画面の案内に沿っていくだけでいいのでご安心を。

正常に設定が進んでいると、次のような画面になります。

1か月の無料期間を利用したお試しですが、支払い方法を設定する必要があります。後ほどお金がかからないように解約しますので、費用は発生しません。Microsoftにカード情報などを知られたくない場合は「PayPal」からの登録をオススメします。

Microsoftアカウントのマイページが表示されれば、アカウントの作成は完了です。

エラーが発生した場合の対処

もし次のようなエラーが出た場合は、ブラウザーやセキュリティソフトの設定が影響して正常に動作していない可能性があります。設定を見直してみましょう。

私の場合は、セキュリティソフト「カスペルキー」の設定と相性が悪くエラーになっていました。ブラウザ設定から「サイト越えトラッキングを防ぐ」のチェックボックスを解除するとエラーが解消されたので、試してみてください。

インストールする

Microsoftアカウントのマイページからインストールしていきます。Macにインストールした際の画像ですが、やり方はWindows版も同じです。

マイページ: http://www.office.com/myaccount

上記の流れで選択していくと、インストーラ(末尾が.pkg形式のファイル)がお手元の端末にダウンロードされます。クリックしてインストーラを起動していきましょう。

画面の案内に従うだけで簡単にインストールできます。空き容量が10GBほど必要になりますので、ご注意ください。また個別にインストールするOffice製品をチョイスすることもできますが、必要な容量はたいして変わらないのでそのままで大丈夫です。

インストール完了のメッセージが表示されればOKです。

次は、Excelを起動してライセンス認証しましょう。(他のOffice製品でも構いません)起動時に自動的にライセンス認証が開始されるので、以下の完了メッセージが表示されれば完了です。

これでインストールしたOffice製品が使用できる状態になりました!

Office 365を解約する

契約プランが「定期請求」になっているため、1か月間の無料期間が経過すると費用が発生してしまいます。定期請求を解除することで、お金がかからないように設定しましょう。

Microsoftアカウントのマイページにアクセスしましょう。

マイページ: http://www.office.com/myaccount

「お支払いとご請求」を選択し、「を選んで、」の右側のボタンから「定期請求を無効にする」へ変更しましょう。

変更が完了すると以下の表示になります。

無効にした日からOffice製品が使用不可になるわけではなく、インストールした日付から1か月後に使用できなくなります。(1か月経過後も継続して使用できるとの噂もあるので、検証してみる予定です)

最後に「定期請求オフ」、「定期請求を有効にする」の状態になっていれば完了です。

「解約したけど、やっぱり使っていきたいな」といった方は、定期請求を有効化することで今後もOffice 365を継続して使用していくことが可能です。利用料金がかかってきますのでご注意ください。

以上です。お疲れ様でした!