未分類

繰り上げ返済で奨学金を完済した今思うこと

奨学金は、大学や専門学校に通う費用を補うために借りるお金です。

我が家は裕福ではなかったので、奨学金制度を利用して大学に通っていました。(高校までは面倒をみるけどそこから先は自分で頑張ってね〜 という家庭の方針でした…)

社会人となりコツコツ返済した結果、思ったことをご紹介していきます!

奨学金は借金

在学中、第二種奨学金で毎月5万円を日本学生支援機構から借りていました。

いわゆる利子がかかる方の奨学金ですね。

在学中は「働き始めたら、少しづつ返していけばいいかー」程度にしか考えていませんでしたが、入社後から考えは一変。

毎月の手取りから家賃や食費および、光熱費やインターネット等の必要経費を差し引くと数万円しか残らない!加えて奨学金の返済費用1.5万円がボディーブローのように効いてきます…。

奨学金は気軽に借りることができますが、返済できない場合のリスクは大きいんです。

返済が数回滞るだけで、銀行の差し押さえやカードやローンの審査が通らなくなります。

奨学金は、借金だという認識を再確認させられました。

大学卒業後、借金240万円からの社会人スタート。精神的な負担は大きく、設定された返済期間 15年よりも早く返済してやろうと決意したことは今も忘れません。

本当に奨学金は必要か

奨学金の返済には、大変な労力が必要です。借りている期間より、返済期間の方がはるかに長い奨学金が本当に必要なものなのか考えた上で判断することをオススメします。

学校によっては返済不要な給付型の奨学金の制度があり、成績上位の学生は学費を免除する特待生の仕組みもありますよね。

将来の負担を軽くするために、特待生を目指すのもいいのではないでしょうか。就職に有利になりますし、学費の負担もなくなるので、一石二鳥ですね!

完済したらどうなるのか

繰り上げ返済を行い、返済期間15年設定に対し、5年で完済することができました!

完済したら何か起きるのか?手続きが必要か?

と気にしていましたが、借りた側で必要なアクションはありませんでした

返還完了証」と記載されたはがきが届いて終わりです。

簡素な証明書ですが、返済できたことの達成感は大きく重圧から解放されます!

完済できたかどうかの判断として、参考にしてみてくださいね。